メールを自由に、自動的に処理

 自社でメールサーバーを運用していればもちろん、独自ドメインのメールを使用するばあいでも、最近のメール事情は複雑で面倒です。メールの共有などは当たり前ですが、ただでさえ多量のメールが情報共有で膨れあがってはいないでしょうか?これからはルールを決めて自動処理することで、メールを減らすことが肝心です。

インターネット上のメールサーバー
(同報メールなどの受信者)
↑↓↑
 メールサーバー 
 → 
 ← 
 → 
 適速~高速配信 
 サーバー(ウィル 
 ス、スパム駆除) 
 → 
 ← 
 → 
 カスタム処理 
 プログラムや 
 データベース 
↑↓↑
メールクライアント(ユーザー)
特別な機能のメールクライアント
ウェブメール用サーバーなど

 現在はメールサーバーだけの単純な構成では適切なメールの処理が困難で、上記のように、複数システムの組み合わせが必要です。キャリコには自社製のメールクライアントもありますので、さまざまな要求にプログラムで柔軟に対応可能です。自治体の防災メール配信の実績もあり、回線を最大限に活かして高速にメール配信を行なうシステムを構築します。